経営理念

社長挨拶

代表取締役 中勝篤司

弊社は、これまで富山本社・東京支社・大阪支社を拠点に全国幅広い地域で、耐震診断・
補強計画・改修計画などを通じて「リスクマネジメント」事業を展開してまいりました。

これに加えて、数年前より新たに「ファシリテイマネジメント」事業を進めております。

日本の経営では、これまで概して「ファシリティ」(経営資源)は不変・不朽の財産と
みなされ、その有効活用については曖昧にされてきたきらいがありました。

しかし、高度成長期に建設された多くの建物は、老朽化の進展に伴い、新築、増改築、
耐震補強といった対応策のほかBCP (事業継続)や健康的な働き方改革などにも適応させねば
ならず、このため多くの企業・団体は、いま、長期経営戦略の構築に迫られています。

弊社は、これまでの営業活動を通して、このような課題にも先行的に取り組んできており、
その成果である実績とデータはノウハウとして相応に蓄積してまいりました。

このことが、「ファシリテイマネジメント」を新たな事業とした所以であります。

具体的には、一般的な工場の補強工事において、コストの低減、工事期間の短縮、既存段備の
活用や新築基準との併用、また工場の稼働を優先、といった様々な条件やニーズに応えて
最適な提案をさせていただきます。

また当然ながら、既存建物の用途転換(コンバージョン)、あるいは機能性の向上
(リノベーション)によって付加価値を高める提案というテクニカル・ソリューションにも
積極的に対応させていただきます。

変化の激しい社会経済環境のなかで、大手企業や中小企業にとどまらず関係する皆様から
「頼れる技術集団」として、さらに高く評価していただけるよう鋭意努力してまいります。

ファシリテイマネジメントとは:
企業・団体が保有又は使用する全施設資産及びそれらの利用環境を経営戦略的視点から
総合的かつ統括的に企画、管理、活用する経営活動
(公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会)

略歴

1971年 工学院大学 建築学科 卒業
1971年 楠山建築設計事務所
1978年 司構造計画 設立
1989年 東京支社 開設
2010年 大阪支社 開設